八朔は因島が発祥の地。19世紀中頃にこの地で偶然発見されたとか。
因島・はっさく屋
契約農家から直接仕入れた八朔を、丁寧に皮を向き大福の身にしたのがはっさく大福です。その身を白あんにつつみ、蒸したもち米とみかんの皮を一緒にしたみかん餅で包みます。石臼でついた、もっちりとした柔らかい餅に、ジューシー八朔と白あんの組み合わせ。すっぱさと上品な甘さの絶妙な味わいは、一度食べると病みつきになるほどです。ここへ来る人のほとんどがはっさく大福がお目当てだとか。期間は10月中旬から翌8月まで。1個140円です。
因島・はっさく屋
店主の柏原伸亮さんは、手づくりの大福にこだわり続ける職人です。そのほかにも、みかん大福や丸ごといちご大福など、せとうちの新鮮なフルーツを使った大福を続々と考案しています。
因島大橋を望みながらのイートインも可能です
因島・はっさく屋
因島・はっさく屋
はっさく大福は、お持ち帰りのほか、ここで食べることも可能です。店内にはお水やお茶などが備え付けてあり、自由に利用していいのもうれしいところ。窓際の席から見える風景は、こんな感じ。こんな素敵な場所で大福をパクつけるチャンスは滅多にありません。しまなみ街道を行くサイクリストにも人気のスポットとなっています。写真の看板を目印にどうぞ。

DATA

はっさく屋
住:尾道市因島大浜町246-1因島大橋公園内
☎︎0845・24・0715
営:8:00〜17:00
休:月曜、火曜
http://0845.boo.jp/hassaku/
因島・はっさく屋